旅を満喫することが出来る移動ツールに関して

Menu

バスのラグジュアリー化

女性

一度は乗ってみたい高級の長距離バス

10年ほど前までは夜行バスの低価格競争が熾烈を極めていました。その影響で問題が多発し、社会問題にまで発展したという経緯があります。そうした反省から、ここ5年ほどの間に高速バスのラグジュアリー化が進み話題を集めるようになりました。メディアにも度々取り上げられるようになり、低価格競争から高級化路線への転換を図ったとして注目を集めています。費用は高いところで片道2万円にものぼります。これを高いと見るかどうかは個人の判断に委ねられます。しかしながら、ビジネスマンの間では2万円の夜行バスを安いと考える見方が強いというのです。その理由は、ドル箱路線と言われる東京−大阪間の新幹線とホテル代を合わせてもなお、ラグジュアリーな夜行バスのほうが価格が安いからです。しかも、夜行バスの場合には夜中に出発し、早朝に目的地に到着をすることができるため、朝に到着してそのまま出勤をすることができるとあってビジネス利用の客の間でこの高級路線の夜行バスは人気を集めています。車内は個室になっているため、周囲を気にせずにリクライニングを倒すことができます。また、車内でくつろいで過ごせるようにとの配慮がいたるところでなされているため、快適なバスの旅を楽しむ余裕があります。座席も高品質なものを導入していることから、疲れにくくてリラックスすることができると評判です。車内にはWifiが完備されているので仕事をすることもできます。

Copyright© 2019 旅を満喫することが出来る移動ツールに関して All Rights Reserved.